■健康体の礎を築く精力剤

EDの症状には軽度、中度、重度と分類されます。

現在、日本の成人男性の約4人に1人が症状の大小に関係なくEDの悩みを抱えてると言われています。

EDと言えば、かつてであれば加齢によって引き起こされる中高年の病気というイメージでしたが、最近では20代から30代の若年齢層の男性の間でEDの数が増加傾向にあることから、男性であれば年齢に関係なく少しのストレスで誰にでもかかり得る病気として認識されるようになりました。

「若いから大丈夫!!」とは言っていられない時代になったのです。

EDの改善に当っては、ED治療薬を使用する方法や精力剤を使用する方法などが挙げられますが、それぞれで効果が異なりますので、精力剤を使用する前に正しい知識が必要でしょう。

ED治療薬の特徴は即効性であり、男の自信を回復させるきっかけになるとされ、早期のED改善に期待が出来ると言われています。

しかし、ED治療薬には精力が増すという作用はなくあくまでも勃起の手助けをする役割しかありません。

一方、精力剤は天然成分を主成分とし、精力増強や滋養強壮が目的とされているものがほとんどです。

それには即効性はなく、中長期的に服用することで健康の基礎を作り上げていき、自然と精力増強につながるとされているのです。